投稿日:

印鑑の種類

印鑑はさまざまな場面で私たちの大切な取引を支えています。小さな道具でありながら、それがなければ取引が成立しないという大切な存在で、多くの人は印鑑を用途に応じて幾つか所持していることでしょう。
まず、もっとも日常的に使う頻度が高いのが「認印」と呼ばれる印鑑です。
認印はたとえば荷物の受け取りの際に受け取ったサインとして押印したり、公的効力は低い申込書の記入や履歴書等を作成する際に押印します。日常的に使う頻度が高い印鑑のため、多くの人は市販されているネーム印という、インクが浸透しているタイプのものを所有しているでしょう。ネーム印は今や100円ショップなどでも手にいれることができるものです。
次に、公的証書や不動産・自動車売買等、重要度の高い取引の際に必要となるのが「実印」です。
実印はあらかじめ印鑑登録をして、公的に「あなたの印鑑です」と認められたものをさし、実印を使用する際には必ず役所から「印鑑証明書」を発行してもらわねばなりません。実印は一人ひとつしか持つことが許されず、他人と同じ印鑑を使用することはできません。重要な印鑑であるため、偽造されることを防ぐために市販されている簡易的なネーム印ではなく、オーダーメイドで作成するものを使用します。実印として認められるのは四方が8ミリ~25ミリ以内におさまる大きさで、必ず本人であることがわかるような内容が彫られたものでなければなりません。